どのような作業の流れになるか

作業員

富山県で外壁塗装考えている場合には、その作業の流れを理解しておきたいところです。外壁塗装の作業の流れとしては、契約が終了した後に足場の設置を行います。足場の設置行う理由は、高いところでも塗装しやすいようにするためです。足場の設置を行った後は、外壁全体を高圧洗浄機にかけて汚れをとります。汚れが付いたままだと、新しい塗料を塗ってもなじまないからです。その後養生などを行いきれいな状態にしてから外壁塗装がスタートです。外壁塗装は、基本的には三度塗りと呼ばれるものが行われています。これは、下塗りと中塗り、そして上塗りの3種類に分けてなってきます。下塗りをする理由は、中塗りや上塗りをした時に塗装が外壁になじみやすくなるからです。1日最低一回ずつあったとしても、最低三日はかかる作業です。職人が二人ぐらいいて、ようやく四日から五日もあれば終わる作業でしょう。最後に総点検をして、外壁塗装が終了です。

耐震性能劣化をする

一軒家

富山県内で行う外壁塗装にはいろいろな役割がありますが、一般的に認識されているのは外壁の見た目を良くするためです。つまり建物をきれいにするために外壁塗装すると認識されています。しかしきれいにするだけならば、ペンキなどを塗れば十分でしょう。それにもかかわらず100万円もする外壁塗装をわざわざするのは、それ以外にも立派な理由があります。その目的としては、外壁そのものよりも、建物の耐震性を維持するためです。塗装が十分にされていれば問題ありませんが、中途半端な塗装を押してある状態や、すでに塗装が古くなっている状態だと外壁自体が劣化し中に水がはいってしまうことがあります。これをそのままにすると、耐震性の問題が生じるため定期的に塗装していくわけです。

防水性を高める

作業員

外壁塗装を富山県で頻繁に行う理由は、防水性を高めるためといってもよいです。もともと外壁は、常に雨風にさらされているものです。日本の気候のように、1年間のうち寒暖差が40度ぐらいある場合には、外壁も劣化する可能性が高くなるでしょう。富山県内でも、夏場の東はとても強く、40の近くになることがあります。冬場は雪で凍えるような寒さに襲われるでしょう。そうすると、外壁のもともと持っている防水機能が少しずつ劣化していく恐れがあります。防水機能が劣化してしまうと、壁の中に水がはいってしまい、建物そのものが弱くなってしまう可能性が否定できません。これを避けるためには、10年から15年おきぐらいに塗装をしていくのがよいといえます。どれぐらいの頻度で塗装するかは、使う塗料によっても大きく変わりますが、長期的に使用できるものだと20年ぐらいは塗装しなくても大丈夫です。